古くからある

古くからあるマッサージ

体に溜まった余分な脂肪や心の疲労を取ったり、若返り効果があるというマッサージは古くから世界各国で行われていました。 もっとも古い痩身マッサージには、インド医学のアーユルヴェーダから発祥したインド痩身マッサージがあります。アーユルヴェーダは5000年の歴史を持つインドに古くから伝わる伝統医学です。体に溜まった老廃物を取り除くマッサージをして体内の血液の循環を改善することで、心と体のバランスが取れて健康的になれると言われています。 古くは薬草から作ったオイルを使用してボティマッサージをしていたようです。今でも本格的なアーユルヴェーダが体験できるインド式エステでは薬草を使用したトリートメントが体験できます。

日本のエステサロンの今後

日本では明治38年にエステサロンが誕生しました。フェイシャル系のエステサロンでアメリカで修業を積んだ理髪店の店主がエステサロンを始めたのがきっかけと言われています。 世界各国では非常に古くからあるエステティックという考え方ですが、日本においては歴史が浅く、現在のように一般的に普及したのは戦後になってからのことです。今はどこに行ってもあるエステサロンですが、普及し始めた頃はお金持ちしか利用できないお店ばかりでした。 しかし、今はリーズナブルな格安エステが増えてきて気軽に利用できる空間になってきています。お店の数が増えたことにより、各店とも顧客確保のためあの手この手のキャンペーンを打ち出して営業しています。このようなサービス競争はこの先も続いていくと思います。

Designed by CSS.Design Sample

このエントリーをはてなブックマークに追加